自毛植毛ってどのくらいお金が必要?

男性にとって薄毛やハゲはもっとも気になります。
年齢が進めば進むほど額や後頭部を気にします。遺伝的なものもあれば、ストレスによるものあり、老化によるものあります。
人によってはカツラを考える方もいますし、自然のまま見た感じをそのももさらけ出して気にされない方もいます。
さて、カツラを考えている人は、できることなら自然の状態に近い、植毛を希望される方もいます。
植毛は字のごとく「毛を頭部に植え込む」ことです。
特殊な器具をつかって1本1本植え付けていきます。痛みはまったくなですが、手作業ですので、時間がかかり、金額もカツラ以上になります。
植毛の金額は、場所や量によって変動がありますが、例えば額だけの場合には1回あたり10万以上になります。1回あたりで、その後は様子をみながら植毛していきます。
全体の雰囲気(白髪などの量)を見て植毛していきます。
1回目は基本(土台)になりますので、金額が高いですが、2回目以降は数万円になります。
もっとも高い料金で30万円くらいです。
植毛は長い歳月をかけながらおこなっていきますので、当事者にとっても1か月に1回は足を運んで植毛やカットなどをして全体の雰囲気にあわしていきますので、根気強さを必要にします。
このように植毛はカツラとちがって面倒であったり、金額が高かったりして、大変ですが、全体の雰囲気に合すことができたり、丈夫であったりするなどのメリットがあるので、金額的には割にあっています。
カツラをしたり、そのままであったりなど、人それぞれの価値観や考え方が違いますので、毛を植え込むことがかならずしも良かったり悪かったりとは言うことができません。
自分でよく判断して、お店の方とよく話し合ってからしてもおかしくないです。

自毛植毛の価格を徹底分析!価格比較

男性にとって薄毛の悩みは尽きないものですが、最近は医療技術の発展に伴い、高度な治療法も利用できるようになっています。
従来の薄毛治療といえば、飲み薬や塗り薬を用いた例がほとんどでしたが、今は植毛という施術によって、毛髪を増やすことができるように進化しています。
健康な毛を患部に移植するやり方ですが、他人の毛を移植するには体質が異なるため、効果が出ない、副作用が出るなどのリスクを伴います。しかし、自分自身の毛を移植すれば、その心配を極力減らすことが可能です。このやり方のことを、自毛植毛といいます。
自毛植毛は高い技術を必要としますので、一部の医療機関でのみ施術を受けられます。価格に関しては、自由診療の領域ですので、利用する医療機関によってかなりの開きがあります。
例として、一部の医療機関の価格を取り上げると、基本料金が22万円近くかかるところがあれば、0円で受け付けてくれるところもあります。
この治療のやり方は、移植する毛、1株あたりの単価が決められていることがよくあります。
1株の価格はおおよそ900円から1500円と差があります。1000株移植するとしたら、89万円から130万円くらいかかることになります。
この価格は不動のものではなく、利用する医療機関のキャンペーンが適用され、もっと安く利用できる例も存在しますので、常に情報を確認しておくと、お得な価格で高度な薄毛治療を受けられる可能性を秘めています。
基本的に一般の薄毛治療と比べると、自毛植毛は価格が高いですが、多くの医療機関で医療ローンが利用できたり、クレジットカードが使えるなど、月々払いができる環境が整っていることが多くありますので、相談してみるとよいでしょう。

自毛植毛ってどんな方法?安全?効果は?

男性の中には若くして薄毛に悩まされている人も数多く存在しています。
その原因としては様々なものが考えられますが、ひとつには頭皮に皮脂が過剰分泌して毛穴を詰まらせたり、あるいは生活習慣の中で頭皮環境を阻害するようなものが多数あることによって男性ホルモンの過剰分泌や頭皮血行の悪化に繋がって薄毛が助長されるケースもあります。
さらにこれらに加えてAGAによる薄毛も顕著で、この場合にはテストステロンという男性ホルモンと頭皮の5αリダクターゼという酵素が反応することでDHTという物質を作り出し、これがヘアサイクルを大きく乱して頭髪の抜け毛や薄毛を招くことになります。
この症状が続くと次第に毛乳頭などを含む毛包が小さくなり、最終的にこれらが消失すると発毛が不可能な状態に陥ってしまいます。
こういった時の治療法として効果の見られるのが植毛です。
植毛には人工毛を使ったものと自毛を使うものの二種類がありますが、人工毛を使ったものは1年ほどで抜け落ちてしまうのに対して、自毛を使ったものは遺伝子的にも定着率が高く、そのまま根付いてしまえば後は自毛として育てていくことが可能です。
自毛植毛の場合にはまず、健康的な自毛部分から頭髪を毛包部分を含めた状態で採取し、薄毛部分にもパンチで穴を空けた上でその毛包ごとを埋め込んでいきます。
こうしてしっかりと植毛された頭髪が頭皮の毛細血管から栄養分を吸収できるような状態を確立することによって、新たな環境で再出発を遂げた頭髪も健康的な成長を遂げることが可能となっていきます。
うまく植毛が完了できれば、毛包自体が同じ場所に定着して一生涯ずっと頭髪を育てる根源として機能し続けるようになり、一度は毛母細胞ごと失われた頭髪も再び活性化していくことでしょう。