甲状腺に症状による生え際の脱毛は植毛で改善できる?

甲状腺は人が生命活動を行う上で重要な甲状腺ホルモンを分泌する器官で、体の細胞の様々な新陳代謝にも深く影響しています。

甲状腺の分泌が低下することで起こる機能低下症や、あるいは分泌が過剰になることで起こる機能亢進症は女性によく見られる症状で、甲状腺の分泌は低下しても過剰になっても体に悪影響を及ぼす原因となります。

また、甲状腺は髪の毛の成長にも関与しているので、分泌が低下することで脱毛症が起こります。
一方、ホルモン分泌が過剰になる機能亢進症の場合にも脱毛の症状を引き起こすことがあり、いわゆるバセドウ病と呼ばれる症状で自己免疫疾患により脱毛することがあります。

男性型脱毛症の場合、その脱毛原因も異なりますが主に頭頂部や後頭部から薄くなってくるのに対し、女性は全体的に薄毛になっていくのが特徴ですが、特に生え際やつむじなどの他人から見えやすい部分が薄くなってくるので目立ちやすいことがあります。

甲状腺ホルモン疾患の場合、脱毛における治療は甲状腺機能の正常化と兼ねて薬の服用によって改善していきます。

ただ、ホルモンの分泌が正常になったところで脱毛症が改善せず生え際などの薄毛が目立つ場合もあるので、そういった時には植毛で生え際などの脱毛を改善していくこともできます。

植毛は、脱毛している以外の部分から細胞ごと毛を採取して薄毛が気になる部分に移植していく方法です。
特に自毛植毛は定着率が高いので、うまく定着すれば下のように毛が生えてきますが、費用が高額になる可能性があります。

ただ、甲状腺機能が安定しない場合には、植毛をしてもまた薄毛になってしまうこともあるので、まずはそちらの治療をしっかりと行った上で植毛を考えるようにしましょう。